男だからできる!風俗でのお仕事

風俗で働いているのは男性店員ばかりです。
風俗での男性の役割とはどんなものがあるのでしょうか。
どんなことを毎日行っているのか気になります。
男だからこそできる風俗の仕事について迫っていきます。
これから働きたいと考えている方も参考にしてください。

 風俗店での男性スタッフの仕事について

風俗にとって1番大事なのは女性です。
女性を商品として、お客さんがお金を落としていくので女性が店にとっての宝です。
男性スタッフは、それのアシストである接客から雑務までをこなします。
女性が舞台役者ならば、男性スタッフは黒子でしかありません。
女性を輝かせるために男性スタッフは働いているのです。
しかし、役者だけでは舞台は成り立たず、裏方のサポート役の人も大切な役割を果たしています。
風俗でもいかに女性を輝かせるかを考えていく仕事を男性スタッフは担っています。
しかし、ただの繰り返しの業務ではありません。
受付、予約、女性のお客様への紹介、料金の受け取り、お客様を見送り、女性が帰るのを見送って
というサイクルだけを繰り返し行えば正解ではありません。
例えば、女性への業務指導のやり方、女性1人1人の精神状態、仕事の状況、役職ならば他の男性スタッフへの業務指導のやり方
お客様の店に対する反応、ネットでの評判、口コミ、お店のホームページの事、店の求人広告の内容
集客方法の改善、いろんな観点からの客寄せ、女性の出勤率と面談、他店舗との差はどれくらいあるか、店の売り上げ、トラブルの対処について等
通常の業務をやりながら、たくさんの事に目を向けていきます。
お客様、在籍している女性の事を考えて働くと、見直しから改善点、そして次へ繋げていく実行まで
挙げていくときりがありません。
お金を稼ぐことはもちろん目的でもありますが、表面上の仕事しない男性スタッフもいて様々です。
稼ぐことは大事ですが、それはお店の経営状態とも直結しているので、お店の売り上げ目標が達成できなければ
厳しい所では、減給になったりするでしょう。
店も1人では成り立っていきません。
1人ではとでもこなせない仕事量ですし、サービスの質を追求するならば尚更でしょう。
自分が働いている店で自分だけが、日々いろんな事を考えながら働いているのだとしたら、その店では成長できないなど
大人数のチームで働いているからこそ、悩みは出てくるでしょう。
風俗で働く際の気質として、様々な視点から物事を柔軟に考えていき、ゆくゆくは従業員をまとめるリーダーになりたいと思っている人が向いているといえます。

 勤務時間とシフトについて

vbyjtd
風俗店員は仕事量が多いので、仕事時間も長くなります。
1日12時間働き、残業なども含めると15時間になる場合もあり、休みも月に1日か2日くらいしかないことがざらです。
睡眠時間もあまりとれないことも多く、肉体的にも精神的にもタフな人でないとできない仕事でしょう。
一般的な店舗型の男性スタッフの仕事のシフトとして、早出のスタッフは店の開店時間の1時間前に出勤し閉店までいることもあります。
遅出のスタッフは一番遅い女性の出勤の1時間半前に出勤し、店が閉店しそのまま朝までいることもあります。
店の開店前、閉店後もスタッフは仕事をしています。
やらなければならない仕事はたくさんあるのです。
風俗の男性スタッフは給料は高めで男性が稼げる仕事という特徴もありますが、その分やる事、考えることも多く
勤務時間も長い傾向にあります。
しかし、お金がたくさん欲しいという人はもちろんですし、業界に興味のある方にはうってつけの職業ではないでしょうか。
まずはバイトからでもできるところもあります。

新着情報

◆2016/10/02
男だからできる!風俗でのお仕事の情報を更新しました。
◆2016/09/30
風俗には裏家業の人もかかわっているのでは?の情報を更新しました。
◆2016/09/30
風俗店員になりたいけれど、店の女の子と仲良くなれるだろうかの情報を更新しました。
◆2016/09/05
基本情報を新規投稿しました。
◆2016/09/05
風俗男性店員の悩み。店の女の子を好きになってしまったら?の情報を更新しました。